お金貸してくれる人いませんか?の要望に応えるところはここです!個人的にお金貸します。

お金貸してくれる人【2018】いませんか?ここなら貸してくれます☆

個人でお金を貸してくれる人

  1. 身の回りにいる個人でお金を貸してくれる人とは
  2. 個人的なお金のやりとりにおけるメリットとデメリット
  3. 利息を払ってでも賃金業者を活用する人々の理由とは
  4. 賃金業者の利息は思っている以上に安い上に何度も利用が可能
  5. お金に困ったときにお金を貸してくれる業者の種類
 
 

身の回りにいる個人でお金を貸してくれる人とは

各種支払いなどお金に困ったときに個人でお金を貸してくれる人もいます。最も近しい間柄で言えば親御さんがその代表例です。もしくは子供から借りるという方法もあります。肉親の場合、希望金額にもよりますがお金を貸すことに躊躇しない方も多いはずです。また、仮に返済が遅れたとしてもそこまでうるさく言いません。

また、それ以外には親族という選択肢もあります。家族から借りられない事情がある場合に、次なる選択肢として親戚からお金を借りる場合もあります。さらに友人や同僚、知り合いなどの肉親ではない誰かから借りる方法もあります。このように身の回りに目を向けると個人でお金を貸してくれる人の存在がたくさん見つかるものです。

ただし、嫌な顔ひとつせずに貸してくれる場合もある一方、嫌な顔をされてしまうこともあります。人によってはお金の貸し借りは一切したくないという考え方の持ち主もいるからです。さらに過去に誰かにお金を貸したものの、貸したまま逃げられてしまったという経験を持っている方もいて、このような過去がある人の場合には、たとえ親しい間柄であっても断られることがあります。

もちろん、その場で断られるとしても関係性にヒビが入るようなことはありませんが、場合によっては関係性が大きく変化することもあります。どういうことかと言えば、その後は顔を合わせにくい状況となってしまったり、誘いにくい状況になってしまうことがあるのです。お金の話をするということはこのような結果も生み出す恐れがあるわけです。

だからこそ、このような個人間でのお金の貸し借りを毛嫌いする人はたくさんいるのです。そのため、お金がどうしても必要で誰かから借りたいという場合であっても、家族や知り合いなどから借りることはやめたほうが無難ともいわれています。

銀行カードローンや消費者金融、さらにはクレジットカードなど今はお金を工面する方法は多数あります。希望金額が高額であったり、使用用途がどのようなものであっても無難に融資してくれます。借り入れ状況や返済状況次第では与信枠の増額などもあります。そのため、このような賃金業者を有効活用した上で、目の前にある壁を乗り越えてみましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

個人的なお金のやりとりにおけるメリットとデメリット

個人でお金を貸してくれる人が身の回りにいる場合でも、その人から本当に借りていいのかどうか、大人として1度は立ち止まった上で考えておきたいものです。なぜなら、個人的なお金のやりとりには大きなメリットもありますが、同時にデメリットもあるからです。

メリットとしては、個人間のお金のやりとりには様々な面で融通がきくということです。たとえば返済期日ですが、通常の消費者金融や街金融、銀行カードローンなどは融資を受けた日に合わせて返済日が訪れます。毎月末が返済日になっていることが多いのですが、融資を受けた翌月などから返済がスタートすることとなります。

この返済に遅れてしまうと即座に催促があるなど、返済日に関して融通はききません。もちろん、真摯な対応をおこない、きちんと向き合えば返済を猶予してくれることはあります。

しかし、あくまでも少しだけ待ってくれるということであって、返済を次回の返済日まで先延ばししてもらうということはできません。仮にそれだけの期間待ってもらうとなれば、信用情報機関に登録されることもあって、その後のローン申し込みや融資などに影響が及んでしまうこともあります。

しかし、個人であればこのようなことはありません。相手と話し合ってしばらく待ってもらうこともできますし、それによって何か悪影響が及ぼされるわけではありません。そのため、この点はメリットと言えます。

ただし、デメリットもあります。個人でのお金の貸し借りは自分自身の信頼性を傷つける可能性が高いのです。仮に返済を待ってくれたとしても、お金にルーズな人として認知されてしまいます。さらに、その噂が広がってしまう恐れさえあります。そうなれば今後の人間関係にも大きな影響を与える恐れがあります。

そのため、このようなメリットとデメリットをそれぞれ把握した上で、自分の行動を考えておきたいものです。その上で、できることなら人間関係に影響を及ぼさない賃金業者からの借入を考えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

利息を払ってでも賃金業者を活用する人々の理由とは

世の中には利息を払ってでも賃金業者を利用する人がいます。身内や知り合いなどに個人でお金を貸してくれる人がいないから業者を利用していると思いきや、実際にはそうでもありません。知り合いや親族、親などに依頼すればお金を貸してくれる場合でも、あえて賃金業者に申し込んでいるケースがあります。

なぜかといえば、個人的なお金のやりとりにおけるデメリットを嫌がってのことです。個人間のお金のやりとりは貸す側も借りる側もストレスがあるものです。貸した側も相手が知り合いのために、仮に期日を過ぎても返済を催促しにくいものです。

さらに、そもそも期日を設定することさえ気兼ねしてしまうことがあります。どちらか一方が業者であれば事務的にすべての物事を進めていくことができるものですが、やはり個人と個人ではこのようなこともできません。

相手が知り合いとなればなおさらです。そのため、どうしてもストレスが生じてしまうものです。だからこそ、あえて金利を払ってでも賃金業者を利用している人がたくさんいるわけです。このような方々の中には、過去には知り合いなどに依頼してお金を借りていた人もいます。しかし、そこで後悔する結果を招いてしまい、結果として業者を利用するに至っているケースが多いのです。場合によっては関係性に大きな亀裂が入ってしまい、長年の親友を失ってしまうようなこともあります。

お金の貸し借りというものはそのような結果を招いてしまうこともありますので、これからお金が必要で誰かから借りたいと思っている人も考え直したほうが賢明かもしれません。特に家族以外の誰かから借りるという行為は、その申し出をするだけでもそれまでの信頼関係が大きく壊れてしまう恐れもあります。

さらに、それをきっかけに音信不通になったり、避けられたりすることもあるものです。もちろん、すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、このようなケースもある以上は避けておきたいものです。
 
▲メニューに戻る
 

 

賃金業者の利息は思っている以上に安い上に何度も利用が可能

給料日前などのお財布が寂しい時期、身の回りに個人でお金を貸してくれる人がいる場合、そこに甘えてしまう人もいます。分割払いなどにも対応してくれるため、つい頼りたくなってしまうものです。

また、賃金業者からお金を借りると高い金利や利息があると思って避けてしまう人もいます。ただし、このイメージは古い借金返済のイメージとも言えます。なぜなら、賃金業者が高利貸しだという印象はすでに昔の話だからです。

現在のリアルな実情としては低金利が当たり前になっています。もちろん、住宅ローンなどの金利と比較した場合にはそれなりではありますが、お金を借りるという面での金利としてはリーズナブルなものになっています。

さらに言えば、それぞれの業者が特別なサービスなどを用意しており、無利息期間を設けている場合もあります。その場合、はじめての利用時には一定期間のみ利息がゼロで済むのです。つまり、早期に返済してしまえば元金の返済のみで終わりますので、相当お得です。

銀行カードローンや消費者金融や街金融、さらにはクレジットカードによるキャッシングサービスなど、お金を貸すという行為を事業にしている業者は本当に多数あります。だからこそ、それぞれの業者は趣向を凝らしたサービスを充実させています。そのため、このようなサービスを有効活用する形で少しでもお得な業者からお金を借りるようにしましょう。

知り合いなどからお金を借りたいということは利息がかからないからという人もいるでしょうが、こうしたサービスを提供している消費者金融や街金融などを利用すれば、同じ状況でお金を借りられる上、人間関係に亀裂が入るようなリスクを避けることもできるのです。そのため、ぜひこれまで持っていたイメージを捨て去って、前向きに利用することを検討しましょう。

実際それぞれの業者の設定している利息やサービスを吟味すれば、自分の思いこみが間違っていたと気づくはずです。知り合いや家族などから借りるのもたしかにひとつの手ではありますが、お金に困ったときに助けてくれるのは知り合いや家族だけではないということも覚えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

お金に困ったときにお金を貸してくれる業者の種類

人がお金に困ったとき、お金を貸してくれる賃金業者は多数存在しています。会社員であっても自営業であっても学生であっても、生活資金や人付き合いなど様々な用途でお金に困ることはよくあるもので、そのような場合に有効活用したいものです。間違っても闇金などには手を出さないようにしましょう。

ただし、この中から自分にとってベストな業者を見つけ出して利用したいものです。そして、具体的には銀行カードローン、消費者金融や街金融、クレジットカード会社が主な賃金業者として知られており、それぞれに多くの利用者が存在しています。また、それぞれ審査基準や金利などが異なっています。

ただし、その違いは微妙であり、かつてとは少々事情が異なっています。金利面で言えばかつては消費者金融や街金融が高く、銀行カードローンは安いという印象がありました。しかし、今はそこに差がほとんどなく、金利面で言えばどちらを選んでも問題ない状況となっています。

さらに審査基準も以前は銀行のほうが厳しいと言われていましたが、今は銀行の審査基準と消費者金融や街金融の審査基準はほとんど差がないのです。もちろん、個人の事情によって審査の可否は変わりますが、銀行だから一概に厳しいということもありません。ただし、審査結果を出すまでの時間に関してはそれぞれの賃金業者によって異なっていますので、その点は確認しておきたいものです。

急ぎでお金を用意したい、お金を用意する期日がすでに決まっているということであれば、その日までに審査結果を通してもらった上で融資の実行を受ける必要があります。しかし、業者ごとに審査にかける時間は異なっており、即日で審査の可否を出してくれる業者もあれば、審査に1カ月近くかかることもあるのです。そのため、この点はあらかじめ覚えておきたいものです。

また、たとえば銀行カードローンによる融資ならば、銀行ATMを使用して借入や返済ができるなど、それぞれの業者ごとに特色があります。また、クレジットカードであればキャッシングは提携している多くのATMで可能です。このようにそれぞれの特徴や特色がありますので、メリットもデメリットも把握した上で自分にとって最適と思える賃金業者を探し出しましょう。

いずれにしても、個人でお金を貸してくれる人がいたとしても、諸々のトラブルを避ける意味でこうした業者から借りたほうが自分のためになるはずです。
 
▲メニューに戻る
 

個人間融資は完全違法行為

2018年09月21日 16時52分

Twitterなどでお金を貸す方がいます。
サイトでも個人間融資の掲示板があり、毎日更新されています。
彼らは。金融業者として貸金をしているのではなく、余裕資金をお貸ししますということですが。
 

 

個人でお金を貸すのは違法?

違法です。ただ友人間でのお金の貸し借りは、互いの同意の元行うことはあります。
違法だとしても取締ができないことですが、個人間融資も同様です。
本来は貸しますの掲示板も違反ですが、コンタクトをとった上で同意したのなら、知人間の融資になりそれ以上の介入ができないです。

しかし、個人間融資の相手のことを知らない人です。
その危険性は非常に高いのですが、Twitterにしても個人間融資にしてもすべて自己責任の内容です。
金貸しとしての業者ではないので、あとは自身がどんなことになろうとも、責任はどこにも誰にも押し付ける事ができないです。
 

個人間融資の利用は自己責任

ということで、個人にお金を借りる行為は、法律で取締もできない。
どんな違法金利だとしても文句は言えないです。

そんなことを知って貸すと掲示板で書き込みをしている。
借りた方もいい加減な内容でも、数万円でも良いから借りたいと書き込みをしている。
現在の個人間融資では、こうした関係が成立をしています。
ですから、法外金利だったり、借りたい方としても借り逃げの口コミは後を絶たないです。
訴えても仕方のないことです。
 

 

そんな個人間融資に目を付けたのが

闇金です。ある掲示板では、すべてがヤミ金業者であるとされています。
個人で貸すとの書き込みはすべて闇金が書き込みをしていて、営業なしで顧客獲得をしています。
これも違法遅滞の個人間融資でありです。

金利も取り立ても自由設定で行う事ができる個人の金貸しは、闇金にとっては、絶好の営業地域です。
個人間融資では、こうしたことが日常茶飯事です。
 

カードローンの要領とは違う

大手消費者金融、中小消費者金融、街金も貸金業法の範囲内のキャッシングであり、法律で守られています。
金利も制限があり、最悪債務整理もできます。
借りる側に最大の配慮がある貸金業法では、安心して借りる事ができます。
借金の法律では、お金の管理がきちんとできることがお約束です。

しかし、個人で金貸しは違法行為から始まる個人間融資に関しては、なにの法律もないです。
貸す方としては、高い金利でよければどうぞ、です。
借りたい側も適当にお金を借りて、約束どおり返せばいいんでしょうという態度です。
個人間融資の平均金利が50%超というのですが、本気で返せます?
 

個人でお金を貸す人は、神様ではない

2018年09月21日 16時56分

「捨てる神あれば拾う神あり」個人間融資のことをこう表現する方もいます。
しかしながら、正確には、「捨てる神あれば拾う悪魔あり」でしょう。
個人でお金を貸す方に、神は存在しないです。
 

 

個人間融資の掲示板

投稿者が、どうしてもお金がほしい、お助け頂きたい方に対して、各都道府県役所の電話番号を知らせるのが神です。
ちぇっ、そんなことじゃないんだよ。ブラックでどうしようもなく金がないから、個人間融資で貸せよ。
個人間融資では、そんなところです。

家賃が払えないだの、母子家庭で子供に飯を食わすことができないという書き込みもありますが、個人間融資の掲示板は神ではないです。
住まいの役所に行けば良いのですが、個人で小金を借りてなんとかしようという方が多いこと。
それって、互いに違反ですが街金に借りる要領で利用している方がほとんどです。

個人間融資の掲示板に来る方は、金融業者のどこからも借入ができない超ブラックです。
そして、貸す方は皆闇金です。
 

ヤミ金業者ばかりではない

そういい切れる事ができれば、この個人間融資の掲示板が良いと言えます。
Twitterで名前のある、ハッシュタグで個人融資のあの人は信用できると言えます。

しかし、何一つ正確情報がないです。
そして、個人間融資の体験でも、遠慮がちに騙されたとしか報告がないです。
金融業者で正規の消費者金融だから安心という情報がないですから、個人でお金を貸してくれるという情報はデマです。
 

 

融資希望と書いたとしても

果たして希望額と金利で交渉ができますか?10万円貸してあげるけれど、20万円返済希望。
あなたの個人情報はすべてわかっているから、という脅迫めいた今回のキャッシング、対応できますか?
貸す方としては、ブラックでどうしようもなく困っている方だとわかって、無理にお金を引き出そうとしています。

ヤミ金業者が、こんなに美味しい場面を逃すことがない。単なる個人でも闇金は化けることは簡単です。
ですから、「捨てる神あれば拾う鬼あり」ということです。
 

個人間融資は本当の危険

金利が高いだけで大損なら良いのですが、個人情報が拡散してしまったり、家族や家まで押しかけることもあります。
母子家庭でお金がないという方は、本当に掲示板でグズグズしている暇があれば別のことを考えましょう。

また、惨めな生活だから同情がほしいというのは安易です。
あなたは、散々借りまくったブラックであれば、そちらを整理するのが先の話しです。
個人でお金というのは、あまりにも短絡的な行為であり、完全な法律違反者です。
 

個人でお金貸しは信用ができない

2018年09月21日 17時02分

個人間融資では、貸す側も借りる側も業者ではないはずです。
真偽は、掲示板の管理でどうなっているかは不明ですが、隣人がお金を貸している的に感じがあります。
しかし、実態としては闇金たちが暗躍しているのは当然のことです。
 

 

安心できてお金を貸してくれる人は誰ですか?

掲示板では、とても良心的な言葉があります。
困っている方を助けたいとのことですが、目的は金利収益です。
これは、中小消費者金融の甘い審査でも同様です。

真面目に返済をする方を応援ということです。
ですが、中小消費者金融では正規の金融業者なので金利も一定です。債務整理も対象になります。
同様に個人で同じことを言ったとしても、金利はいい加減で取り立てなども個人情報の拡散などで脅迫です。
第一個人間融資では、ブラックしかいないのですから返済保証もないのです。
貸したいという方は、とにかく100%近い金利だったりと、その行為ヤミ金業者そのものです。

ということで、安心して借りれる個人はゼロです。
どの掲示板でも全否定をします。
 

そもそも個人間融資とは?

誰が考えたのかわからないのですが、管理人が個人情報を把握して始めたと言われています。
好き勝手な書き込みではなく、ある程度管理ができた個人間融資では、うまく行っていたとも言います。

しかし、現在は管理人は蚊帳の外であり、もう自己責任で勝手にどうぞということです。
最悪借りたい方も闇金の出現であり、何もかも管理されていないところでのキャッシングです。
これで違反行為をしない人間がいないのはおかしいです。

そして、個人間融資はヤミ金業者に渡ってというのが、今の形です。
個人でお金を貸すのは違反です。
 

 

ただいるらしい、善意の人

口コミでは、私は個人間融資で助けられたとの報告があります。
ただ、どの掲示板で誰?という特定がないです。
これが中小消費者金融なら、公式サイトと会社名がわかります。
中には、善意でかす方もいることでしょう。

しかし、どの掲示板なのかは不明です。
広い世の中で、お金をきちんと貸したい人、そして、本当きちんと返済ができる人。
そんな2人が出会うところが掲示板ですが、どこにあるか、誰なのかの特定はできないです。
 

住まいの役所に相談を

借りれないから生活ができないのなら、役所にいくことです。
生活保護費を念頭に話しができるはずです。

働けないのが身体的精神的に理由でなければ見放すことはないです。
個人間融資の掲示板でうだうだしている暇があれば、別の方法は考えることです。
 

個人間融資はおかしいという考え

2018年09月21日 17時06分

カードローンも消費者金融も審査落ち。
中小消費者金融も借入ができないのであれば、貸金は闇金と個人間融資。
最近キャッシング情報ですが、個人間融資に関しては、闇金そのものと考えて良いでしょう。

多重債務なら債務整理ですし、すでに債務整理者なら、役所です。
間違っても個人間融資にきたとしても、解決をしないです。
 

 

いざとなれば債務整理

個人間融資で借入したいけれど、返済ができないのなら債務整理をしたら良い。これは大きな間違いです。
貸金業法が関係していない個人間融資では、法律での借金解決の債務整理は通用しないです。
はっきり言って弁護士も太刀打ちではない世界です。

相手がある個人間融資ですが、あくまでも個人と言い張ることで、互いの情報はいい加減です。
ただ振込対応であれば、口座情報だけでの関係です。

借りたい側の情報は伝えますが、相手のことは知らない。だから訴えることもできず、言われたままの高い金利などで苦しみます。
これが中小消費者金融であるのなら、弁護士の出番はありますが、個人相手ではどうしようもないです。
個人間融資での債務整理はナシです。
 

明日までに3万円貸してください

そんな書き込みはよく目にします。
対応した貸し手もきますが、なかなか金利が高いですし、根掘り葉掘りいろいろと聞かれます。
個人情報保護はないのは当然ですが、3万円がないと困る方にとっては、この話し承知しましたということになります。

貸す側ままのキャッシングになってしまうことが多い個人間融資では、金利の保証もないです。
返済希望だけで好き勝手の金利です。今では、個人間融資では平均50%超の金利ですが、なんて言われたりして。
借りたい方としては、どこからも借入ができないのですが、それと弱みが握られていることから、たいていの方はこの条件をのみます。
これが、個人間融資の現実です。
 

50%超の金利でも借りれたらよい?

そんな問題なことでしょうか?
個人間融資のお金は、他社消費者金融の返済、生活費に充てるとしても返済をしなくてはならないことです。
借りるときには現金に喜びますが、返済では地獄を見ることになります。

利息制限法20%というのは、高い金利ですが、50%超の金利で返している自分、どこかおかしいことではないでしょうか?
個人間融資で、平気で返済している方に対しては、きちんと考えてほしいことです。
融資希望、返済希望の個人間融資ですが、たいてい貸す方の言いなりで、話しが進みます。
 

どうしても個人にお金を借りたい方

2018年09月21日 17時08分

個人間融資では借りたい人の信じられない書き込みが多いです。
ご飯も食べられないとか、電気がない、子供にたくさん食べさせたいという内容もあります。
それって、どこかおかしくないですか?
 

 

貸してあげる個人を信じた人

書き込みでは借り入れは少ないですが、相談に乗ります。何なりと言ってくださいという内容も少なくないです。
ところが、これが詐欺である場合もあります。個人でお金を貸しているので、信用料金を振込してください。
3,000円程度で良いですという、信用料金、保証料金詐欺。また、あなたの口座を買取ります。
借金ではないので、そのまま現金を振込ます。それも10万円程度でどうでしょう?
 

10万円ってなにの詐欺?

口座買取の詐欺です。口座開設は無料ですが、それが10万円の現金になるというスゴワザです。
しかし、あなたの名前のまま架空口座に使用され、金融機関からの出入り禁止になります。
詐欺といっても10万円は入手できますが、口座を使えないということになります。
 

 

詐欺はまだある

携帯電話の契約をしてくれたら、お金を払うというものです。
これも、キャッシングはできないですが、クレジットカードのショッピング枠が使用できたら、携帯電話の契約をして、機械を送ります。
その後お金は振り込まれず、連絡不能になります。

相手は、機械だけを手に入れたいだけで、あなたは利用されただけです。
こうした詐欺が横行していますが、まだ個人で貸してくれる人を信じて、書き込みは続きます。
 

個人間融資で詐欺に遭わないために

美味しい話しがあるというのは断りましょう。
そして、融資希望に対して、高い金利などでは断ることです。
お金を借りる前にたくさんの個人情報を聞く方がいます。
必要以上のことをきくようであれば、言わない。他の方にしますと言っても良いです。
そして、相手のことを聞いて回答してくれる、最低限の大人として対応ができる方を探してください。

いろいろと言うと、相手はしつこさから断って来ることが多いです。
電話もメールもステマのものを使用はもちろんです。
在籍確認をしたがる、実家の情報が欲しがる方もいますが、自身が返済ができるのであれば、両方ともに言わないことです。
自分が個人間融資をしていることを拡散することは大いに考えられます。

あくまでも違法行為で個人間融資をするのですから、真正直になることはないです。
という、図々しい態度も個人間融資では必要です。詐欺と個人情報抜きは最大限の注意を払うことです。
 
inserted by FC2 system